So-net無料ブログ作成
電気自動車とは

2017 北朝鮮のミサイル攻撃は?

5月21日に北朝鮮が中距離大陸間弾道ミサイルの打ち上げ試験を
実施し成功させています。

ただし、ミサイルは、日本の排他的経済水域の外に落ちていますので
一線を超えていない。

よって、トランプ大統領は局地的な限定ミサイル攻撃も行っていません。

北朝鮮の挑発行動がますますエスカレートしてきています。

韓国のムン・ジェイン大統領も武力衝突の辞さないとの発言をされていますので
1触即発という事態になってもおかしくない言われています。

アメリカのトランプ大統領も、4月6日にシリアの化学兵器使用に対する
報復措置として、限定的なミサイル攻撃を行っています。

北朝鮮への見せしめという意味合いが強いと思いますが

一時北朝鮮は、ミサイル発射実験をわざと?失敗させたように
見せかけて、ギリギリのところで、トランプの攻撃を誘発しないよう
ミサイル発射実験を繰り返しながら、うまく立ち回っています。

もし、アメリカが北朝鮮を本気で攻撃したら、金 正恩もやられること
を重々承知しているわけで、ただ戦争に突入したら、韓国も
相当ダメージを受けることになると思います。

北朝鮮は対等な立場で交渉に持っていけるよう、核開発やミサイル技術を
向上させているわけですよね。

トランプ大統領も金 正恩のことを切れ者(スマートクッキー)と呼んでいるくらい
斬れものなんでしょう。

トランプ大統領の本音としては、莫大な赤字を抱えているわけで、
できれば、戦争をせずに韓国、中国、北朝鮮間で解決してもらいたいと考え
ているわけです。

トランプ大統領もいわれのない中傷誹謗(機密データ漏洩)で、マスコミに
叩かれていますが、弾劾されずに乗り切れば、北朝鮮問題は、全面戦闘には至らない
と考えます。

トランプさんは、問題発言しているように見えますが、実はそんなことなくて
アメリカ含め世界の安定をターゲットとして動いていると思います。

戦争で莫大な利益を得る、軍事関連の派閥からの攻撃をいかに抑え込むか
に苦心しているでしょう?

ヒラリーのメール問題って、なにが問題なのかわかりますか。

ただ、国家の所有するサーバーを使っただけで、問題になるはず
ないですよね。

実はメールに書き込んだ内容が問題なんですよね。

国家犯罪に関することなので、ここでは書けませんが。

それと

金 正恩は、頭が良いかもしれないが、良心の呵責が全くないんですね。

自分の兄を暗殺したり、国家反逆罪の名のもとに自分の意にそぐわない
人を簡単に粛清していますよね。

仏教の因果応報、輪廻転生という考え方がないんですね。

生前、もしくは死後にそれなりの報いを受けるという考え方です。

育った環境、経緯が特殊なのかもしれませんが。

金 正恩は、間違いなく地獄に落ちますね。



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました