So-net無料ブログ作成
検索選択
電気自動車とは
2017年07月 | 2017年08月 |- ブログトップ

箱根 芦ノ湖 おすすめスポットは?

とてもおすすめのスポットを見つけましたので紹介します。

使用車セレナ 小学5年生1名と大人2人
総費用 69,035+ガソリン代2,500円(燃費7km/L)  走行距離 140km
行程
8月5日
 9:00自宅横浜泉区出発
     小田原厚木道路経由(通行料600円)
10:30フォレストアドベンチャー箱根着
10:40分受付(アドベンチャーコース)6,200円(大人3600、子供2600)
11:00スタート
13:30終了
14:00出発
途中ローソンでおにぎりを買って車内で昼食。960円
15:00箱根グリーンプラザ着宿泊費42,150円(会員割引)
受付で芦ノ湖花火大会があり送迎と遊覧船チケット代込で大人一人4000円、子供半額
に申し込み10,000円
8:00~8:30遊覧船で花火を見る

8月6日
10:30チェックアウト
10:50箱根園着 駐車料金1000円
抱っこしてZOOで14:30まで動物と触れ合う2,800円
14:30箱根園出発
14:50樹の館着(昼食)ハヤシライス3人分4,725円
15:30樹の館出発
     小田原厚木道路経由(通行料600円)
17:30自宅着(途中スーパーで買い物)

フォレストアドベンチャーに車で向かうと気に注意しなければいけないのが
、カーナビが当てにならないということです。

古いカーナビでフォレストアドベンチャー箱根の住所を入力すると
実際の場所とは違う場所が目的地として表示されます。

携帯のGooglemapsで目的地をセットしたら正しい目的地が表示されましたので
目的地が正しく表示されないときは、Googlemapsで目的地をセットすることを
おすすめします。

フォレストアドベンチャーワールド箱根ですが良い意味で予想を裏切られました。

IMG_2767.JPG

ジャージなど、汚れても良い服装と運動靴は必須です。

フォレストアドベンチャーのアドベンチャーコースは、難易度レベルがズーラシア
などにあるコースに比べて1ランク上です。

事前予約制です。当日雨が降っても実施しますので、汚れても良い服装
と着替えは必要ですね。

なめてかかるととんでもない目にあいます。

はしごを登ったり、立壁に掛かっているネット伝いに登ったりはまだ
腕力があればクリア出来ますが、高低差のあるワイヤーロープ伝いに滑車を
ワイヤーに引っ掛けて滑って行くのが曲者です。

着地に失敗すると、全身泥だらけになります。(前日雨のため濡れていた)

コースの中に、長距離を滑車で滑るところが6箇所あり
私は6箇所全てで、着地に失敗して背中が泥まみれになり
着替え用にフォレストアドベンチャーで2000円のTシャツを購入しました。
IMG_2786.JPG
140cm以上の身長制限があります。小学4年生くらいの男の子が、泣きながら
やっていましたから、小学4年生だと根性がないと厳しいかもしれません。

うちの娘は、小学5年生ですが、周りの協力を得て、なんとか
クリアーした感じで、また来たいと言っています。

難易度が高い分やりがいがあり十分楽しめました。

アドベンチャーコースは1時間30分程度のコースですが、前が詰まっていたため、
コースクリアーまで2時間30分程度かかり、1時間オーバーでした。

5日の夜は、芦ノ湖の花火大会の遊覧船観覧コースを大人一人4000円
子供一人2000円とちょっと高めですが、、せっかくなので申し込んで
見てきました。

8月5日は3500発で打ち上げ時間は20時から20時30分までの30分間。

19時に湖尻から乗船し、打ち上げ場所の箱根神社の近くまで移動し、
そこで停船。

遊覧船の屋上からの花火観覧は初めてで、その日は鳥居焼まつりも同時に
行っていたため、燃え盛る2つの鳥居の近くから打ち上げる花火は
九頭龍神様のお祭りも兼ねているので、ぴーんと張り詰めた空気も感じられましたね。

下で燃えているのが鳥居です。
箱根


翌日は、娘の希望で箱根園の「抱っこしてZOO」でずーと犬とふれあい
そこの店長さんの面フクロウの生態についての解説が勉強になりました。

14:30分に箱根園を後にして、湖尻の近くにある、ハヤシライスで有名な
樹の館でハヤシライスを食べて、帰路につきました。
IMG_2783.JPG
箱根新道を通った時に、通行料徴収されなかったのですが、無料になったみたいですね。

小田原厚木道路は覆面パトカーの取締をよくやっていますので
気をつけたほうが良いです。(行きと帰りで捕まっている車が4台ほどいました)











nice!(0)  コメント(0) 

2017年07月 |2017年08月 |- ブログトップ